>

リフォームの目標を定めましょう

業者へ問い合わせる前にすべきこと

リフォームの目標が定まったら、いよいよ業者に問い合わせと思いきや、その前にしておいた方が良いことがまだまだあります。
それは大まかに言えば情報収集です。
突然問い合わせた所で、こちらがしっかりと情報を持っていないと、時間がかかってしまいます。

情報収集した方が良いことは、大きく2つあります。
一つ目は費用のことです。
ローンの組み方やリフォームの相場を知っておくに越したことはありません。
二つ目はデザインのイメージです。
せっかく費用をかけてリフォームを行うのだから、お気に入りのお家にしたいですよね。

費用の情報はインターネットで多く得られると思います。
デザインの情報は実際に内覧会に足を運んだり、リフォームセミナーに参加したりすると良いでしょう。

見積書を見比べよう

リフォームの相場を知ったら、気になる業者に問い合わせてみましょう。
額面が揃わない場合でも、ローンを組めたり、優遇制度を利用できたりするので、諦めずに情報を集めてみましょう。

時間がかかってしまいますが、いくつかの業者に問い合わせてみて、その中から一番納得のいくものが選べると良いと思います。

それでは、見積書のどのような部分に注目すれば良いのでしょうか?
いくつかのチェックポイントをご紹介します。

1つ目は日付です。
契約をまだ交わしていないうちから日付が記入されていたり、契約期間が短いものには注意が必要です。
2つ目は金額です。
余分な時間、ものが使われていないか、合計金額は合っているかなど、細かいところまで注意してみてみましょう。


この記事をシェアする